個別エントリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢幻の砂時計

買ってきました、「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」。こちら、DSで初のゼルダです。特徴はなんといってもオールタッチペン操作な操作体系。移動するときは移動先をタッチ。ブーメランを投げるときは軌跡を描く。剣はペンをスライド。回転切りはタッチパネル上でペンを一回転。船の航路をペンで描けば自動移動。マップにはペンでメモを。といった具合に、ペン一つで全ての操作が行えます。補助的にボタン操作も使えますけど。

ゼルダとしてはトワプリ以来、携帯機のゼルダとしてはふしぎのぼうし以来ですが、今回のゼルダ、操作体系が違ってもゼルダはやっぱりゼルダですね。正直タッチペン操作には若干の不安を持ってたんですが、特に問題ありませんでした。まぁたまに十字キーで移動させようとしちゃうときもあるんですが(w、そこは慣れの問題かな。とりあえずブーメランの便利さは異常。

俺のゼルダプレイ時のお決まりとして、寄り道ポイントを見つけるとそこにしばらく留まっちゃうっていうのがあるんですけど、今回もばっちりやらかしてます。風のタクトの正当続編ということで、大海原が舞台。島と島の移動は船で行うわけですが、その船を今作ではカスタマイズできちゃう。で、その船のカスタマイズパーツがサルベージだのミニゲームで手に入るということでそっちばっかやってます。本編の続きがきにならないわけではないんですが、先にクリアしちゃうとモチベーションが下がっちゃう恐れがあるので……。

そうそう、タクトの正当続編、と言いましたが、やっぱタクトで不満点として挙げられてた事とかが幾つか手直しされてますね。船の移動は基本オートですし、サルベージもミニゲーム的になり、ルピーばっかじゃねぇかと言われてたのでちゃんとおたからに変更。おたからにはふねのパーツも含まれてて、収集癖を刺激するかんじになってます。船の移動がたるい、というのはあんまり変わってないかなwまぁ前より島々の間隔が狭くなってるんであんまりそういう印象はかんじませんが。

で、あと通信機能。マルチプレイ、ダウンロードプレイ、すれちがい、Wi-Fiと一通り全部そろえてありますが、対戦がこれまたどうしておもしろい。なかなか戦略性があっていいです。また、対戦の結果が若干本編に絡む(おまけ要素ですけど)ので、余計やる気アップ。

そんなこんなで、今日は12時間ほどプレイしちゃいました。レポートとかあるのに大丈夫だろうか……

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
任天堂

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(P)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://goman7.blog57.fc2.com/tb.php/144-edf04ecf
注意:基本的にトラックバックは歓迎しますが、内容と全く関連性がない、もしくは明らかな宣伝目的とこちらが判断した場合は削除させていただく場合があります。

プロフィール

ごまま


あれこれ手を出して収拾がつかなくなってる福岡在住の学生。任天堂とアイマスと魔法少女リリカルなのはと水樹奈々とQMAがお気に入り。Twitter始めました。

Gmail

最近のエントリー

スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。