2008年10月のエントリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミの勇者クリア

キミの勇者 特典 「プレミアムハンドブック<星刻の書>」&「キミの勇者プレミアサウンドトラック」付き
キミの勇者 特典 「プレミアムハンドブック<星刻の書>」&「キミの勇者プレミアサウンドトラック」付き
SNKプレイモア

先日SNKプレイモアから発売されたNintendoDS向けRPG、キミの勇者をクリアしました。どきどき魔女神判の政策に携わった松下氏がプロデューサー、ということでどき魔女ファンの俺としては買うしかない!と思って買ったけれど、なかなかの良ゲーでした。

システム的な面は公式サイトで・・・とか書くと手抜きするので簡単に解説すると、基本はオーソドックスなコマンド戦闘式RPGですが、ストーリーは章ごとにわかれており、「1日30分の大冒険」というキャッチフレーズの通り、1章30分程度でクリアでき手軽にRPGが楽しめる、というのが売り。実際は、クエストなんかをちゃんとこなすと1章につき1~2時間ぐらいかかっちゃうんですが。それともうひとつの売りはコンボシステム。仲間同士の技がつながることで、威力が増したり、カットインが挿入されたり、特定の順にコンボをつなげたら覚醒星技という技が発動したり。戦闘はなかなか軽快でコンボが繋がると結構楽しい。

また、イラストがどき魔女と同じ藤ノ宮深森というのも売りといっちゃあ売りなのかなw少なくとも俺にとっては売りです。主人公のワンダは男の子ですので注意してください。パーティーは4人編成で、最終的に10人ぐらいの中からパーティ編成するようになるわけですが、どのキャラもそれなりに使えるので、パーティー編成は結構自由にできます。全員女の子パーティーとかも余裕。キャラの育成もある程度は自由が利くので、キャラ萌えの人にもそれなりにお勧めできます。クエストなんかでキャラに対する掘り下げがあったりするし。ただ、ボイスは戦闘時ぐらいしかないです。全体的に声優はどき魔女の人が多い感じ。ワンダとティオがアクジとルルさまだし……。もはやお抱え状態ですね。

自分はプレイ時間約25時間ぐらいでエンディングに至ったわけですが、早い人で10数時間、時間かける人でも30時間程度でエンディングに至るよう。1章30分、という謳い文句で全25章なんで、まぁプレイ時間はこんなものですね。クリア後に解放されるダンジョンもあるので、それに挑戦すればもっと遊べるかと。もっとがっつり遊びたい!って人にはあまり向いてないかもしれない。手軽にプレイできるRPG、というかんじなので。基本的に新しい街で装備を整えて、道中で雑魚を狩ってクエストもこなしてればボス戦でもそう苦戦はしない。ダンジョンの仕掛けも難しいのはほとんどないです。難易度はぬるめ。隠しダンジョンはそれなりに難しいそうですが……(まだやってないのでわからない

おもにいいところを述べてきましたが、いくつか不満点も。まず戦闘ですが、オート戦闘がせっかくあるのに、殴るしかしないせいで微妙に使えない。どうせならもう少し賢いオート戦闘にしてほしかった。あと、ターン切り替え時に変な間があるのも気になる。全体的なテンポが悪くないのに、その間があるせいでテンポが悪くなっちゃってる印象。それから、キャラ固有の覚醒星技というのがあるんですが、これがクリア後でないと使えるようにならないのは残念。せめて最終章前に開放してほしかった。ワンダだけは使えるんですが。

他では、ダンジョンのマップがオートマッピングなのはいいんですが、微妙に精度が悪く、反映されにくい時があるので隅々回らないときちんと埋まらないのも若干気になるところ。それから、勇者日記。ストーリー途中の選択肢によって表示されるイラストが変わるんですが、選ばなかったほうの選択肢は???になって表示されない。別データを作ってクリアすればクリア後に全部見れるようになれるんですが、ああいう表示の仕方をするなら周回引き継ぎとかできるようにしてほしかった。このゲーム、周回引き継ぎはできないんですよね。そこはちと残念。

とまぁ不満点は幾つか残ってしまったものの、全体的な出来はよかったです。手軽にDSでRPGを楽しみたいという人にはお勧めできると思います。キャラもなかなかいいですし。ちなみに乳は揺れません。CERO Aだし。ティオかわいいよティオ。そんなかんじで。

スポンサーサイト

W240D買った。

ディスプレイ全景

PC購入して以来ずっとCRTディスプレイを使っていたのだけれど、でかいし暑いし静止画はしゃきっとしないしで液晶がほしいなぁと思っていた。で、今回24インチワイドディスプレイであるところのW240Dを買った。仕様目的としては、PC用ディスプレイと、Wii用のディスプレイ。実売40000円代でコンポーネント端子が載ってるのはこれぐらいしかない。これの上位機種でIPS液晶が載ったやつがある(W240DはTN液晶)んだけど、まぁこっちでもいいかな、と。1万円ぐらいしか変わらないんだけどね。

で、ざっと使ってみた感想。TN液晶は視野角が狭いだとか何とかで評判悪いけど、どうせ正面からしか見ないし大して気にならないし気になってない。液晶の残像感も、STGをちょろっとやったかんじでは大して気になるレベルではなかった。ただ、液晶がかなり明るくて眩しい。明るさとコントラストを50ぐらいまで下げてもまだちょっと明るいかなーっと感じる。液晶ってこんなものなのかな。

あと、コンポーネント端子を使ってWiiを接続してみた。ネット上であんまりWiiをつないだっていう報告がなくて若干不安だったんだけど、全く問題なし。ちゃんと16:9に設定できるし、プログレッシブで表示できる。インターレースでも表示できるっぽいけど、かなりチラチラする。プログレッシブ非対応のソフトだとどうなるんだろうか……手元にないので確認できないから、今度もしプログレッシブ非対応のソフトを購入したら試してみよう。

概ね満足してるけど、ネット上で言われてた不満点はやはり不満だったwスピーカーのしょぼさはまぁしょうがないとしても、タッチパネルが操作しにくすぎる。ボタンがどこにあるか分かりにくい。どっかのブログでシールを貼ってるみたいなことを書いてたが、俺もそうしようかな……。ブラインド操作できない。

フルHDな液晶をゲットしたので、次はPS3かXbox360を買って接続したいところ。HDMIとVGAのポートが余ってるから全部つないでもセレクタがいらないのが素晴らしい。40000円でこれはお買い得。まぁIPS液晶のほうがいい!ってひとはそっちがいいとおもいますが。

ニンテンドーDSiなどが発表された任天堂カンファレンス2008秋、まとめ

本日、任天堂カンファレンス2008秋が開催され、ニンテンドーDSiの発表や、新作ソフトの発表が行われました。ということで以下、情報のまとめ。

ニンテンドーDSi

  • 現在のDSLより小型化、液晶は3.0インチから3.25インチへ大型化
  • GBAスロットは廃止。SDカードスロットが代わりに搭載
  • 30万画素のカメラが外側とヒンジ部分にひとつずつ搭載
  • SDカードに入れたAACフォーマットの音楽を再生可能。再生ピッチの変更などもできる
  • 内蔵メモリに専用ソフトウェアをダウンロードしてチャンネル化することが可能。無料、有料ともにあり
  • Operaベースのブラウザを標準搭載
  • 液晶は両画面タッチパネルに
  • 音量調整はボタン式のデジタルに
  • 電池持ちはDSLよりは悪く(電池容量が小さくなってる?)
  • 発売日は11月1日、価格は18900円

ざっとこんなかんじかな……。公式サイトもできてるのでそちらだと画像とかも色々あります。液晶の大型化は実物手に取らないとあんまりピンとこないかな。実物手にとってもピンとこないかもしれないけどw

Wii

  • 内蔵メモリの容量対策の方針は決まった
  • SDメモリに直接ソフトのダウンロードをできるようにする
  • ファームのチェックに時間がかかるので開始は2009年春を予定
  • ピクミン、ドンキーコングジャングルビートなどのGCソフトをWii向けにリメイクし、「Wiiであそぶセレクション」として発売
  • Wiiのネット接続を手伝ってくれたユーザーに500Wiiポイントをプレゼント

ハードウェア的なWii情報はこんなところ。研究結果はまだ先のようですね……。あんまりダウンロードしてない俺でも結構容量きつきつだから早めに対策結果をリリースしてもらいたいところ。あと、ネット接続を手助けした人に500Wiiポイントっておもしろいなw

ソフト関連

今回が初出のソフトをざーっと羅列。結構Wiiの新規タイトルが多い。

ニンテンドーDS
  • 歩いてわかる 生活リズムDS
  • 世界のごはん しゃべる!DSお料理ナビ
  • DS占い生活
  • トモダチコレクション(仮称)
  • マリオ&ルイージRPG3!!!(仮称)
  • メイドイン俺
  • 立体ピクロス(仮称)
  • FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Echoes of Time(スクウェア・エニックス)

初出のタイトルのみですが、結構いろいろあるな。全部最後以外任天堂発売。占い生活以降は2009年発売予定。トモダチコレクションとメイドイン俺と立体ピクロスが気になりすぎる……。続いてWii。

Wii
  • レッツタップ(セガ)
  • 風のクロノア door to phantomile(バンダイナムコ)
  • 100語でスタート!英会話(仮称)
  • Punch-Out!!
  • アナザーコード:R 記憶の鍵
  • ケンサクス(仮称)
  • コズミックウォーカー(仮称)
  • スパーン スマッシャー(仮称)
  • ダイナミック斬(仮称)
  • タクトオブマジック(仮称)
  • 罪と罰2(仮称)
  • フォーエバーブルー2 Beautiful Ocean(仮称)
  • みんなが主役のNHK紅白クイズ合戦(仮称)
  • ラインアタックヒーローズ(仮称)
  • FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Echoes of Time(スクウェア・エニックス)

ぎゃああああああああ罪罰きちゃあああああああああああああああ!まさかの続編ですよ!罪と罰!Wiiのインターフェースには合ってるから出てほしいと思ってたけど!やったじゃん!それ以外のタイトルはやたら新規が多いですね。微妙な売り上げで埋もれていきそうなのが多いそうですけど。

E3でコア向けがねえぞ!どうにかしろ!と言われてたのが今回放出されたかんじですねー。コアというか、任天堂ファン的にはかなり満足なラインナップ。というかこれまで発表されなさすぎでもやもやしてたからなー。まぁ欲を言えばWiiに完全チューンされたゼルダを期待しちゃってたんですけど……。次のお楽しみにとっとこう。

ラインナップ動画は任天堂公式サイトからどうぞ。

とりあえずDSiは発売日に買う。資金はなんとかする。よっしゃみなぎってきた。

プロフィール

ごまま


あれこれ手を出して収拾がつかなくなってる福岡在住の学生。任天堂とアイマスと魔法少女リリカルなのはと水樹奈々とQMAがお気に入り。Twitter始めました。

Gmail

最近のエントリー

スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。