2007年11月のエントリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーマリオギャラクシーオールクリア

1ヶ月以上更新してなかったら更新してなかったら広告がでかでかと表示されるとかきいてねーってことで更新したいと思います。半分ほんとで半分うそ。

さて、表題のとおりWiiで先日発売されたスーパーマリオギャラクシーをクリアしました。とれるスターは全部とっちゃったからオールクリアぐらいの表現でいいか。

一言で感想を言えば、おもしろかった、それに尽きる。まさに時間を忘れて遊んでしまった。実際、最初にラスボス(いつものように亀ですが)を倒したのは購入翌日だったし、とりあえず120枚集めたのも2日目の朝だったし。その時点でプレイ時間が大体22時間ぐらいだったかな。暇があったから成せた所業ですけど、そのくらいはまりました。

すいすい進む心地よい難度

今作の良さはなにかと考えると、まずテンポの良さ。開発スタッフインタビューでも述べられてた(はずなんだけどどこにあったか失念)んですが、1個のスターをとるのは後半の奴を除けばたいていは数分ぐらいでとれちゃう。難易度も、ライフ3ではあるものの、多すぎるぐらい(笑)の1upキノコと、要所要所にある復活ポイントのおかげでかなり抑えられてます。後半のいたずらコメット系はなかなか辛かったりするんだけど、そこは間口の広さということで。60個集めればとりあえず亀との最終決戦に挑めるわけですが、そこまでスターを集めるのはそんなに苦じゃない、というかむしろかなり簡単。あくまで自分自身の感覚でしかありませんけど、とるのがちょっと難しいスターもあるにはありますけど、そういうのはとらなくても全然足りるし、クリアするだけなら64より簡単じゃないかな。120個全部集めるとなるとどっちが難しいかは微妙なところか。サンシャインが一番辛いのは決定事項ですが。あれはクリアするだけでも全ステージでニセマリオを倒さないといけない=アスレチックステージをクリアしないといけないし、120個全部集めるにも青コインというかなりの厳しい要素があるし……個人的には好きな部類に入るんですが、サンシャイン。

触れば回る、快適な操作感

それから操作性のよさもあげられるだろうか。リモコンを振るだけでスピンっていうのは直感的……とはいわないけど、かなり便利。マリオはジャンプアクションゲーだったはずなのに今作はどっちかというとスピンアクションゲーになっている。そのぐらいスピン多用。あと、壁ジャンプがかなり楽にできるようになったのはよかった。ほとんど意識しなくても壁ジャンプができる。これはNewマリオのときも思ったことだけれども。マリオ64のときは結構シビアだったからなぁ。ただそのかわり、壁ジャンプは攻略上必須な場面があるけど、まぁ問題じゃないか。

球状地形を駆け回る重力システム

今作で採用された、重力システム。球状地形とかますます酔っちゃうんじゃないか……と思ってたけれど、そんなことはなかった。カメラはかなり秀逸。ただ、もうちょっと自分で操作できる場面があってもよかったんじゃないかとは思う。一応操作できるようになってるけど、操作できない場面が多いし。まぁ反転した状態でカメラ操作されちゃ意味がないんだが。ってなんか全然重力システムの話になってないな……。重力システムは思った以上に楽しかった。むちゃくちゃにとんでも引き寄せられて、ちゃんと着地するのがいい。ただ、このゲーム意外と普通の大地のようなところを駆け回るシーンが多かったり……意外と星々を飛び回るステージが少なかったように感じる。あのスターリングで飛翔するのはスキだったから、欲を言えばもうちょっと欲しかったかも。星間じゃないけど、ヘルプロミネンスの演出とかはちょっと感動したし。あれは素晴らしい。

生オーケストラを使った素晴らしいBGM

あとはBGMだろうか。最初のエッグプラネットからもう凄い。立ち止まってBGM聞いちゃうぐらい。あとはパープルコインのときのBGMとかも好み。今回のBGMはかなりいい曲が多いので、クラブニンテンドーのプラチナ会員特典にこれが採用されたのは素直にうれしい。いや、実はSFCコントローラー型クラシックコントローラーとちょっと迷ったんですけどね……。結局CD選びましたけど。そのぐらい良い。

マリギャラはおもしろい←結論

そんなわけで、個人的にはベタ褒めなんだけど、この文章がそれが伝わるのやら。なんだかむやみに長い感じがするし。しかしまぁ、不満点が全くないというわけでもない。というのはこのゲーム完全なる1本道。途中にはらぺこチコとか隠しスターもある場合もあるけど、基本的にはスタート地点から目的のスターまでまっすぐ進む。もちろんそれもいいんだけど、もうちょっと64のようなあちこち回れるようなステージもほしかったと思わなくもない。探索系のパープルコインはあんまり好きじゃないんですけどね(笑)あれは途中で死んじゃうとすべてが無になっちゃう絶望感が……デスコメットとかは緊張感があるからあれでいいんですけど。

そんなわけで、マリオギャラクシー堪能しました。次に買う予定のゲームは12月20日発売予定の高速カードバトル カードヒーローです。あのカードヒーローがついにDSで復活ですよ!プロデューサーさん!(アイマスも欲しい今日この頃

スーパーマリオギャラクシー
スーパーマリオギャラクシー
任天堂
スポンサーサイト

プロフィール

ごまま


あれこれ手を出して収拾がつかなくなってる福岡在住の学生。任天堂とアイマスと魔法少女リリカルなのはと水樹奈々とQMAがお気に入り。Twitter始めました。

Gmail

最近のエントリー

スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。