2007年03月のエントリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年度春アニメ新番組一覧at福岡

明日から4月、というわけで新番組の季節がやってきました。去年の秋頃アニメ新番組をまとめたところ、意外とアクセスがあり、また個人的にも役立ったのでまたまとめることにした。本当は半月ぐらい前にやってたんですけど、停電でまとめてたのがとんじゃったんですよね……。

曜日 番組名 時間 放送開始日 放送局
天元突破グレンラガン 08:30~ 04/01 TVQ
ゲゲゲの鬼太郎 09:00~ 04/01 TNC
ロビーとケロビー 09:30~ 04/01 TVQ
おねがいマイメロディ すっきり♪ 09:30~ 04/01 TVQ
ハヤテのごとく! 10:00~ 04/01 TVQ
大江戸ロケット 26:13~ 04/08 RKB
ながされて藍蘭島 26:45~ 04/08 TVQ
ミュータント タートルズ 18:00~ 04/02 TVQ
らき☆すた 25:53 04/09 TVQ
ヒロイック・エイジ 26:53~ 04/02 TVQ
機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 26:23~ 04/10 TVQ
Darker than BLACK-黒の契約者- 26:28~ 04/10 RKB
風の聖痕 27:38~ 04/11 TVQ
爆丸バトルブローラーズ 17:30~ 04/05 TVQ
キスダム -ENGAGE planet- 26:48~ 04/05 TVQ
かみちゃまかりん 17:30~ 04/06 TVQ
BLUE DRAGON 07:00~ 04/14 TVQ
風の少女エミリー 07:25~ 04/07 NHK教育
地球へ… 18:00~ 04/07 RKB
電脳コイル 18:30~ 05/12 NHK教育
鋼鉄三国志 26:40~ 04/14 TVQ
おおきく振りかぶって 26:45~ 04/21 RKB
アイドルマスター XENOGLOSSIA 27:40~ 04/07 TVQ

こんなかんじで23本。なお、例によって福岡で視聴可能な地上波のみ掲載してるので他の地域とか、衛星とかは考慮してません。

しかし……やはりなのははこなかったか。淡い期待を抱いてたんだけどなぁ……。まぁ今回はCSのファミリー劇場で2週間近い遅れだけど放送されるし、まだまし、か。

スポンサーサイト

VCとFEを交互にちまちま

バーチャルコンソールで落としたマリオワールド、マリオ64、夢の泉などをプレイしつつ、FE暁の女神をちまちまと進める日々が続いています。FEをとりあえず始め、しくじったりしてリセットする羽目になると気分転換に他のゲームを、といったかんじ。でもそんなかんじでやってたらVCでゲットしたやつが何時の間にかほとんどクリア目前だよ。まぁ昔のゲームだからそんなにクリアまでに時間かからないしな。今度配信開始されるゴエモンもほしいなぁとか思う始末。またポイントカード買わなきゃ……。手軽に買えるってのはなかなか危険。

で、ちまちまと進めてる暁の女神はようやく第3部1章。全体の半分といったところでしょうか。第1部よりユニットが強いキャラが多いので、大分楽っちゃあ楽なんだけど、それでもやっぱ死ぬ死ぬ。なんどリセットしたことか。FEほど表示されるプレイ時間があてにならないものはないね。しかしながら、Wiiの場合実プレイ時間がちゃんと記録されるという恐ろしい仕様……。がくぶる。

しかし、2部終章で流れたムービーはなかなか燃えたな。やっててよかったと思った瞬間でした。ハードきっついけど、頑張ってクリアまで漕ぎ着けるぞっと。実は蒼炎はノーマルでしかクリアしてなかったりするんだけど、まぁ大丈夫だろう、ここまでくれば。

「福岡ゲームクリエイターズ・サミット」に行ってきた

GFFが主催する、「福岡ゲームクリエイターズ・サミット」に行ってきました。参加者はファミ通の浜村氏、DQの堀井氏、MGSの小島氏、龍が如くの名越氏、ICOやワンダと巨像の上田氏と言ったなかなかの面子。スマブラの桜井氏も参加予定でしたが、病気のためとかで欠席。スマブラX大丈夫かいな……。大体2時間ぐらいのイベントでしたが、なかなかおもしろかったです。

形式としては進行役の浜村通信がテーマにそって各人に話をふっていくというかんじでした。まず始めは各クリエイターたちがどういう経緯でゲーム業界に入ったのか。それぞれの代表作なんかがモニターに映されてました。

まず堀井さんからで、エニックスに入社するきっかけになったというテニスゲームとか、あのポートピアであるとか、勿論ドラクエとか。このときあわせて現在開発中のゲームについての質問もありました。ドラクエソードは8割~10割(笑)ほどできてて、現在調整中だとか。剣神はテレビ側にカメラがついていましたが、Wiiだとリモコン側にカメラがついてるんで同じようにはいかないようです。DSでの発売が発表されたDQ9については、基本的に一人プレイがメインになる、仲間と一緒に遊ぶときはルイーダの酒場で集まる、などの発言が。

続いて小島監督。コナミを選んだのは単に近かったから。MSX時代はMSX部署の人に気に入られちゃって嫌々作ってた、などなどの発言。後ろのモニターではMSX版メタルギア、スナッチャーなどが映し出されてました。MGS4に関して話を振られると、まだPS3は買わなくても良いんじゃないですか(笑)みたいなことを言ってたので、MGS4はまだまだ先になるっぽい。現在はようやくシナリオなどの下準備が終わって本格的な制作作業にとりかかってるとか。毎日モーションをとってるとも言ってました。あとアフレコが同時進行で大変だそう。

名越さんはファミコンでゲームに興味をもち、ゲーム会社に就職しようと思ったが、任天堂が京都にあると知って京都は嫌だったので東京のセガに言った、とか言ってました。モニターに映された作品は、デイトナUSA、スーパーモンキーボール、龍が如く。龍が如くに関しては、これが売れなかったらもうやめるみたいな発言をオフレコでしていた、と浜村がポロリともらしていました。

最後に上田さん。芸術系の学校からゲーム業界へ。最初はワープに入社したみたいです。で、エネミーゼロを手がけていたとか。このとき飯野の話題が出ていましたが、これで笑いが起るのは流石選ばれた参加者だなぁと思った。

ここから話題はかわり、ゲーム作りのスタイルという話へ。堀井さん、小島監督からは合宿を行っているという話が出ました。ゲームの世界観を皆で共有するためにやるんだとか。名越さんは基本的にワンマンなのでそういうのは行わないとのこと。上田さんは、ICOのときに一度そういうことをやったけど、いまいち成果が上がらなかったのでもうやってないんだとか。また、小島監督は行きたいところに取材に行って、そこを舞台にする、とか言ってました。MGS2の舞台がニューヨークだったのもニューヨークに行きたかったからとか。でも、今度のMGS4の舞台であるアマゾンは危ないから実際には行かないそう(笑)。あとは打ち上げなんかの話も出ていました。終わったのにまだ終わってるかんじがしないとか、堀井さんの場合だと基本的に外注だから終わったときに打ち上げどうこうはないとか。

次にゲームの未来について。昨今の知育系、ツール系ゲームの売上ランキングを出し、これからゲームはどうなっていくのかみたいな話。4人の意見で大体一致していたのは、今の携帯向けお手軽ゲームが受けているのは一時的な現象で、そのうちまた据え置きに回帰していくだろう、みたいな考え。確かにツール系を求めている人もいるだろうけど、ストーリー性のあるゲームを求めている人もいるだろう、と。

このあとは、ゲーム業界へ入りたい人へのメッセージや、来場者からの質問に対する回答、など。質疑応答の中で、小島監督に対して映画は撮らないんですか?という質問があったけれど、小島監督曰く今はゲームに集中しなきゃいけないから無理。いずれ機会があれば自主制作で、と。先日龍が如くが劇場公開され、自身も出演した名越さんは、自分が監督する映画を作る(作ってる?)と名言。ゲームクリエイターが作った映画というとどうしてもファイナルファンタジーが思い出されてちょっと不安でもあるかも(w

ここいらでイベントはお開き。おみやげに出演者のサイン入りポートレートを貰った。写真は当日とったらしく、桜井さんがいなかった。

また、ついでに同時開催してる展示イベントも見てきたけれど、設定資料やらデバッグ資料、アフレコ台本、絵コンテなど普段なかなかお目にかかれないものが色々あって興味深かった。

とまぁこんなかんじでしたが、デジカメ持ってりゃ良かったな……と凄い思った。結構取り捲ってる人いたし。

プロフィール

ごまま


あれこれ手を出して収拾がつかなくなってる福岡在住の学生。任天堂とアイマスと魔法少女リリカルなのはと水樹奈々とQMAがお気に入り。Twitter始めました。

Gmail

最近のエントリー

スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。