[ゲーム]NintendoDS カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレビッツ カイとゼロの不思議な旅 クリア

エレビッツ カイとゼロの不思議な旅
エレビッツ カイとゼロの不思議な旅
コナミデジタルエンタテインメント

Wiiのロンチソフトだったエレビッツの続編がDSで!これはエレビッツに嵌ったものとしては見逃せない!ということで買ってプレイしました。以下クリアしたので適当に感想など。

今作は、エレビッツを集めて電力をためる、というところは変わってませんが、新たにオメガエレビッツというものが追加されています。このオメガエレビッツは様々な能力を有しており、彼らの能力を使って仕掛けを解いたり、ボスと戦う、というのがこのゲームの基本。オメガエレビッツの種類は公式では一応50種以上!となってますが、あれは形態変化も別種カウントしてるので、実質は40種ぐらい。一応配信で増える可能性はあるみたいですが。

さて、このゲームの肝はオメガエレビッツを使った謎解きにあるんですが、これがなかなか難しいのが多い。基本的にヒントをくれたりする人とかもいないので、ある程度自力で考えないといけない。不親切、といえなくもないですが、そこは考え方の問題か。ひねったかんじ、というよりは積み上げるかんじの謎解きが後半は多かった印象。

また、ボス戦も基本的にこれといったヒントなんかはないので、直前に手に入れたオメガエレビッツの能力とボス戦の雰囲気から攻撃方法を見出さなきゃならない。まぁ有体にいえばゼルダっぽいかんじか。なので、ゼルダとか好きな人にはお勧めできるかもしれない。

プレイ時間は短め。10時間もあればストーリークリアは可能です。強化アイテムみたいなのと、隠れオメガエレビッツを全部収集しても+5~6時間ってところでしょうか。早い人はもっとはやくいけるかも。一応2周目に引き継ぎもできますが、引き継ぎで新たに要素が増えるとかがあるかはよくわからない。Wi-Fi対戦も一応あるんだけど、正直なところあんまり売れてないので、ランダムマッチングには期待できないです。よくてフレンド対戦ってところでしょうか。

探索謎解きアクションとしては良作だと思うので、そういうのが好きな人にはお勧めかも。

大事なこと忘れてた。音楽とイラストもいいです。イラストは主人公のカイをはじめ、ぐっとくるキャラがおおい。最高ですね。双子とか・・・いい・・・。

スポンサーサイト

DSiゲットおおおお

DSiパッケージ

ニンテンドーDSi買ってきたよ!遺影!QDSこと初代ニンテンドーDSからの移行だから画面明るい!画面でかい!薄い!とけっこうびっくり。ちなみに上の写真はDSiで撮りました。

画面にドット抜けはないっぽいし(以前使ってたのには常時点灯があった……)ボタンも反応よすよす。スピーカー音質も、AACファイル再生して聞いても全く問題ないレベル。いやぁいいねDSi。

そんなに期待してなかったニンテンドーDSiブラウザが快適でびっくりした。画像が多いサイトとかはちょっと時間はかかるけど、大体のサイトは常用できるレベル。モバイル用ゲートウェイがあるサイトだと大体楽に見れますね。Twitterとか2chも文字入力がケータイより楽にできるから快適。パケット代もかからないし。ごろ寝ネット生活はじまった!

音楽再生とカメラもちょろっと使ってみた。音楽再生はウォークマン持ってるし、正直なくてもいいんだけど、遊びの部分は楽しめた。ビジュアライザが萌える。アップデートで増えたりしたら嬉しいかも。カメラのほうは、画素数が30万ということで上にあるようにPC上でみるとちょっと残念な画質だけど、DSi上で見たらたいして気にならないのでその点は問題ない。俺がカメラでなんか撮ってデコデコするなんてことはやんないので、カメラ対応ソフトが出ることに期待しよう。母親とか妹とかと似てる度チェックやったら20%前後だったのは笑ったけど。他人級って・・・俺は誰の子なんだよ!

そんなわけで直前まで資金がぎりぎりだし買うのどうか迷ってたけど買ってよかった。今後はDSiウェアの充実に期待。

キミの勇者クリア

キミの勇者 特典 「プレミアムハンドブック<星刻の書>」&「キミの勇者プレミアサウンドトラック」付き
キミの勇者 特典 「プレミアムハンドブック<星刻の書>」&「キミの勇者プレミアサウンドトラック」付き
SNKプレイモア

先日SNKプレイモアから発売されたNintendoDS向けRPG、キミの勇者をクリアしました。どきどき魔女神判の政策に携わった松下氏がプロデューサー、ということでどき魔女ファンの俺としては買うしかない!と思って買ったけれど、なかなかの良ゲーでした。

システム的な面は公式サイトで・・・とか書くと手抜きするので簡単に解説すると、基本はオーソドックスなコマンド戦闘式RPGですが、ストーリーは章ごとにわかれており、「1日30分の大冒険」というキャッチフレーズの通り、1章30分程度でクリアでき手軽にRPGが楽しめる、というのが売り。実際は、クエストなんかをちゃんとこなすと1章につき1~2時間ぐらいかかっちゃうんですが。それともうひとつの売りはコンボシステム。仲間同士の技がつながることで、威力が増したり、カットインが挿入されたり、特定の順にコンボをつなげたら覚醒星技という技が発動したり。戦闘はなかなか軽快でコンボが繋がると結構楽しい。

また、イラストがどき魔女と同じ藤ノ宮深森というのも売りといっちゃあ売りなのかなw少なくとも俺にとっては売りです。主人公のワンダは男の子ですので注意してください。パーティーは4人編成で、最終的に10人ぐらいの中からパーティ編成するようになるわけですが、どのキャラもそれなりに使えるので、パーティー編成は結構自由にできます。全員女の子パーティーとかも余裕。キャラの育成もある程度は自由が利くので、キャラ萌えの人にもそれなりにお勧めできます。クエストなんかでキャラに対する掘り下げがあったりするし。ただ、ボイスは戦闘時ぐらいしかないです。全体的に声優はどき魔女の人が多い感じ。ワンダとティオがアクジとルルさまだし……。もはやお抱え状態ですね。

自分はプレイ時間約25時間ぐらいでエンディングに至ったわけですが、早い人で10数時間、時間かける人でも30時間程度でエンディングに至るよう。1章30分、という謳い文句で全25章なんで、まぁプレイ時間はこんなものですね。クリア後に解放されるダンジョンもあるので、それに挑戦すればもっと遊べるかと。もっとがっつり遊びたい!って人にはあまり向いてないかもしれない。手軽にプレイできるRPG、というかんじなので。基本的に新しい街で装備を整えて、道中で雑魚を狩ってクエストもこなしてればボス戦でもそう苦戦はしない。ダンジョンの仕掛けも難しいのはほとんどないです。難易度はぬるめ。隠しダンジョンはそれなりに難しいそうですが……(まだやってないのでわからない

おもにいいところを述べてきましたが、いくつか不満点も。まず戦闘ですが、オート戦闘がせっかくあるのに、殴るしかしないせいで微妙に使えない。どうせならもう少し賢いオート戦闘にしてほしかった。あと、ターン切り替え時に変な間があるのも気になる。全体的なテンポが悪くないのに、その間があるせいでテンポが悪くなっちゃってる印象。それから、キャラ固有の覚醒星技というのがあるんですが、これがクリア後でないと使えるようにならないのは残念。せめて最終章前に開放してほしかった。ワンダだけは使えるんですが。

他では、ダンジョンのマップがオートマッピングなのはいいんですが、微妙に精度が悪く、反映されにくい時があるので隅々回らないときちんと埋まらないのも若干気になるところ。それから、勇者日記。ストーリー途中の選択肢によって表示されるイラストが変わるんですが、選ばなかったほうの選択肢は???になって表示されない。別データを作ってクリアすればクリア後に全部見れるようになれるんですが、ああいう表示の仕方をするなら周回引き継ぎとかできるようにしてほしかった。このゲーム、周回引き継ぎはできないんですよね。そこはちと残念。

とまぁ不満点は幾つか残ってしまったものの、全体的な出来はよかったです。手軽にDSでRPGを楽しみたいという人にはお勧めできると思います。キャラもなかなかいいですし。ちなみに乳は揺れません。CERO Aだし。ティオかわいいよティオ。そんなかんじで。

どきどき魔女神判Duoをゲットした

どき魔女Duo限定版

俺は買った、俺はどき魔女Duo限定版を買ったぞー!というわけでようやくamazonから届いたので早速開封して並べてみた。なかなかねんどろいどの出来がよろしい。

肝心のゲームのほうは3章の序盤。ここまでで既にプレイ時間が3時間ぐらいに……結構ボリュームあるな。ていうか俺が色々調べ回ってるからなんだろうけど。フラグたってからも小ネタがしこまれてないからいろいろチェックしてるからなかなか進まない。結構サブイベントが前作同様多いし。

前作と比べ、細かい点が色々よくなっているのは良い。魔女チェックはぐひひ・・・じゃなかった、善作と同様によろしいかんじ。今作新たに追加されたどきどきチェッカーは……恥ずかしすぎます><;

しばらくはどき魔女ライフ。……院試近いけどな!

オリント召喚

今日はすもももももも9巻を買ってきました……じゃなくてカードヒーローの話。

CPUシニア戦をレオラオ速攻デッキでポイント稼ぎしたり、シミュレーターで速攻ギブアップして使い込み度を上げたり、Wi-Fiでプロ戦をやったりまぁ色々やってます。

プロ戦はすごいおもしろいんだけど、いかんせん時間がかかるし、やたらと疲れるからあんまりたくさんできないのが悩みどころ。途中で飯だのなんだので呼ばれても困るし。ブラック速攻とかでやれば結構早いんだけど、今の俺的トレンドはオリント召喚デッキだからなぁ。オリントいいですよオリント。登場すれば敵全体に2Dまたは味方全体を2HP回復。うまいこといけば窮地を一気に脱出できるこの素晴らしさ。いやぁいいねオリント。まさに「もうそれはすごいことになるよ!」ってやつですね。まぁ登場させるのはなかなか大変だけど、シトラスさんの力をかりたりすれば結構登場できる。相手に結構なプレッシャーを与えられるのもよいね。

スピードバトルもこれはなかなか熱い。短期決戦ながらもかなり戦略性が高いし。さっとやりたいときにはもってこい。

そんなわけでしばらくはこれ1本です。

どきどき魔女神判買った

昨年の東京ゲームショーで発表されて以来、全国のひゃあ!なファンが待ちかねていたどきどき魔女神判!がついに発売となりました。もちろん買いました。

で、早速プレイしたんですが、こいつはやべぇぜ……神判パートの破壊力抜群だよこいつは。探索パートのテキストもなかなか楽しい。フラグたてが若干わかりにくい部分もあるけど。ボイスはまぁ……あんなもんだろうw

フリーモードが出るまでは頑張りたいと思います。

どきどき魔女神判!
どきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付き
SNKプレイモア

夢幻の砂時計クリア

夢幻の砂時計、クリアしました。いやぁ面白かったです。ラインバックのキャラがよかった。DSでこういうゲームがでると危険だな。何時でもどこでもできちゃうから、どんどんやっちゃう。据え置きだとなかなか時間の確保が難しかったりするからなぁ。

今回のこれは結構売れてるみたいだし、これは猫目リンクの更なる活躍が見れる……かもしれない。

さて、まだ例によってまだやり残しがあるので色々やってこようっと。Wi-Fiもあるし、どき魔女発売までは十分遊べるな

夢幻の砂時計

買ってきました、「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」。こちら、DSで初のゼルダです。特徴はなんといってもオールタッチペン操作な操作体系。移動するときは移動先をタッチ。ブーメランを投げるときは軌跡を描く。剣はペンをスライド。回転切りはタッチパネル上でペンを一回転。船の航路をペンで描けば自動移動。マップにはペンでメモを。といった具合に、ペン一つで全ての操作が行えます。補助的にボタン操作も使えますけど。

ゼルダとしてはトワプリ以来、携帯機のゼルダとしてはふしぎのぼうし以来ですが、今回のゼルダ、操作体系が違ってもゼルダはやっぱりゼルダですね。正直タッチペン操作には若干の不安を持ってたんですが、特に問題ありませんでした。まぁたまに十字キーで移動させようとしちゃうときもあるんですが(w、そこは慣れの問題かな。とりあえずブーメランの便利さは異常。

俺のゼルダプレイ時のお決まりとして、寄り道ポイントを見つけるとそこにしばらく留まっちゃうっていうのがあるんですけど、今回もばっちりやらかしてます。風のタクトの正当続編ということで、大海原が舞台。島と島の移動は船で行うわけですが、その船を今作ではカスタマイズできちゃう。で、その船のカスタマイズパーツがサルベージだのミニゲームで手に入るということでそっちばっかやってます。本編の続きがきにならないわけではないんですが、先にクリアしちゃうとモチベーションが下がっちゃう恐れがあるので……。

そうそう、タクトの正当続編、と言いましたが、やっぱタクトで不満点として挙げられてた事とかが幾つか手直しされてますね。船の移動は基本オートですし、サルベージもミニゲーム的になり、ルピーばっかじゃねぇかと言われてたのでちゃんとおたからに変更。おたからにはふねのパーツも含まれてて、収集癖を刺激するかんじになってます。船の移動がたるい、というのはあんまり変わってないかなwまぁ前より島々の間隔が狭くなってるんであんまりそういう印象はかんじませんが。

で、あと通信機能。マルチプレイ、ダウンロードプレイ、すれちがい、Wi-Fiと一通り全部そろえてありますが、対戦がこれまたどうしておもしろい。なかなか戦略性があっていいです。また、対戦の結果が若干本編に絡む(おまけ要素ですけど)ので、余計やる気アップ。

そんなこんなで、今日は12時間ほどプレイしちゃいました。レポートとかあるのに大丈夫だろうか……

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
任天堂

バトルタワー

毎日更新とかいいつつ早速1日さぼっちゃったよ。というか忘れてた。しかしだからといって今日もやーめた、とやっちゃうとまた半月とか書かなくなっちゃうので、書く。

先日の日記でポケモン再開したぜ!と書いてましたが、目下の目標はバトルタワーで100人抜きを達成することなんです。ってそれも書いたか。で、ちょろちょろと挑戦中なんだけど、これがまた、なかなか上手いこといかない。序盤はまぁ進化前ポケモンとかばっかで、技とかも大したことない(たまにやらしいのもいるが)からギャラドスでりゅうのまいすれば大体抜けるんだけど、後半徐々にきつくなる。ちょっと選択を誤ると総崩れとかになっちゃったり。何度もやってるうちに苦手なポケモンとか戦法とかも見えてくるけど、だからといってなかなか対処するもの難しいもんですね。ヌケニンに効果抜群な技を誰も覚えてないときは焦った。混乱させてなんとか自滅させたけど、ちょっと不味いな。

Wi-Fiバトルタワーなんかもやってるですが、未だランク2。3に一度あがったけれど、全然勝てなくて降格。ここのところは2でも怪しいかんじ。なんかスランプだな……。別のポケモンでも育てようか。

ポケモン熱再燃

ここのところ、友人の影響で長らく放置していたポケモン熱が再燃して、育成とかバトルタワーとかやってます。図鑑完成させちゃったらどうも燃え尽きちゃってたんですけど、やっぱ周りでプレイしてる人がいると影響されちゃいますね。

そんなわけで色々調べたり試したりなんかして、育成に励んでます。とりあえずメイン3匹はできたから、バトルタワーに挑戦中。大体うまいこと型にはまってくれるんだけど、たまにとまっちゃう。メンバーはギャラドス、エレキブル、クロバット。ギャラドスは舞って、エレキブルは電気がきたら電気受けてでんきエンジンでスピードアップ&アタッカー、クロバットはさいみんでひっかきまわす、といったかんじ。若干さいみんに頼りすぎな感はある。

トレーナーカードを最高ランクのブラックカードにするためには、あとはバトルタワー100人抜きだけなので、それを目標に頑張ろうと思います。あと、対人戦も。とりあえずつぎはサーナイトでも育てようかなと考え中。

プロフィール

ごまま


あれこれ手を出して収拾がつかなくなってる福岡在住の学生。任天堂とアイマスと魔法少女リリカルなのはと水樹奈々とQMAがお気に入り。Twitter始めました。

Gmail

最近のエントリー

スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。